お知らせ

2018.10.01

「子ども食堂」に堅パンを寄付しました

9月20日(木)、子ども食堂に堅パン4種(プレーン、ココア、ホウレンソウ、胚芽)

計250袋を寄付いたしました。

子ども食堂とは、子どもの孤食を防止し、温かい居場所を提供することを目的に開設され、

現在、北九州市内に14ヶ所あり、今後も増えていく予定です。

北九州市子育て支援課が窓口となり、

民間団体、市民ボランティア、学生ボランティア等が協力して運営を行い、

食材は地元企業や地域の方々から提供されています。

今回訪問した日明市民センターの子ども食堂「日明げんきもりもりハウス」は、

2016年9月に開設されました。

毎週木曜日、仕事等で保護者の帰宅が遅くなる家庭等の小・中学生が20~30名訪れ、

ボランティア10名、調理スタッフ11名で対応しています。

人気メニューは、丼物やチキンカツだそうです。

子どもたちは4種の堅パンを食べ比べし、「美味しい!」と賑やかな食事なりました。

堅パンを食べることを通じて、食育やよく噛むことの大切さを感じてもらえたのではないでしょうか。

スピナは、今後も企業市民の一員として、地域と連携した活動・取組みを行ってまいります。

  • 株式会社サンレスト
  • 西鉄
  • スーパーマーケットのスピナはこちら にしてつストア
  • バスで綴る、北九州見聞録 にしてつバスっちゃ!北九州