会社概要

沿革

地域活性化のために、それが私たちの原点です。

スピナは北九州における活動の歴史とその中で培ってきた信頼を背景に発展してきました。
西鉄グループの「北九州の顔」を目指しています。

1952年9月 設立
八幡製鐵株式会社(現 新日鐵住金株式会社)を主要株主に「八幡製鐵ビルディング株式会社」として設立
1953年5月 創業
製鐵ビル営業開始
1958年10月 八幡製鐵所戸畑構内バス運行請負開始
1971年4月 ストア事業開始(八幡製鐵所厚生課業務全面移管)
1972年8月 緑化事業開始
1977年5月 八幡製鐵所保養所管理業務運営受託
1983年4月 八幡製鐵所八幡構内バス運営受託
1984年10月 平野ゴルフガーデン営業開始
1985年7月 建装工事部を新設
1986年3月 八幡製鐵所構内清掃業務受託
1986年4月 「株式会社テツビル」に社名変更
印刷事業開始
1990年9月 飛幡ビル営業開始
1993年4月 「株式会社スピナ」に社名変更
2006年2月 北九州指定管理者制度(桃園公園施設の管理運営)に初参入
2006年3月 主要株主が西日本鉄道株式会社に変更
2008年2月 株式会社協和ビジネスより美装および防疫業務を事業譲渡
2009年4月 新生スピナとして再出発ストア事業部が会社分割により株式会社西鉄ストアと統合
2010年3月 株式会社ゼネックスより防疫業務を事業譲渡
2013年4月 既存施設の屋根を利用した太陽光発電事業開始
2014年7月 日鉄住金リコテック株式会社より八幡製鐵所小倉地区の事業移管(小倉業務課新設)
2016年4月 「くろがね堅パン」「くろがね羊羹」商標登録
日鉄住金ビジネスサービス八幡株式会社より八幡製鐵所構内の緑地維持管理を事業移管(構内整備課新設)
  • 株式会社サンレスト
  • 西鉄
  • スーパーマーケットのスピナはこちら にしてつストア
  • バスで綴る、北九州見聞録 にしてつバスっちゃ!北九州