社長挨拶

代表取締役社長 小田孝幸

 株式会社スピナは、昭和27年に八幡製鐵株式会社(現 新日鐵住金株式会社)の子会社「八幡製鐵ビルディング株式会社」として設立され、翌年に貸ビル業を創業して以来、八幡製鐵所のアウトソーシングに呼応してタクシー・構内バス、ストア、緑化、印刷、福利厚生施設の運営等を受託するとともに、ショッピングパーク、レストラン、ホテル、ゴルフガーデンなど多様なサービス分野で業容拡大、淘汰を行いながら今日の「スピナ」を築いてまいりました。現在では、北九州を拠点に不動産賃貸事業、建設業、ビルメンテナンス事業、自動車事業、商品販売事業に加え、環境関連事業として緑化事業および太陽光発電事業など多岐にわたる業種を展開するユニークな企業に発展してまいりました。
 平成18年3月に主要株主が西日本鉄道株式会社に変更され、また、平成21年4月には西鉄グループ内の事業再編によりストア事業を株式会社西鉄ストアに会社分割し、「新生スピナ」として再出発いたしました。

 当社は、今後もめまぐるしく変化する経営環境のなか、お客様の種々の要求に即応した商品やサービスを提供しお客様の期待に応えるとともに、北九州地区における西鉄グループの拠点企業として、さらに成長してまいりたいと考えております。

 私たちは「スピナグループ企業理念」のもと、北九州における活動の歴史とその中で培ってきた信頼を背景に地域活性化のための「元気の素」として“ビジネスのアメニティ”と“暮らしのアメニティ”を提供し続ける人に優しい企業を目指してまいります。
 末尾になりますが、今後とも皆様のより一層の温かいご指導、ご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社スピナ 代表取締役社長 小田孝幸